オフィスでの業務で不可欠となるのがコピー機です。

ペーパーレスの時代とはいえ、やはり資料の作成などに活用する場は多いものです。そこでどのようなスタイルで利用するかは、会社の業務内容や予算にもよりますが、リースを利用するのであれば長期使用が前提となります。まずはその初期費用の少なさが大きな特徴であり利点となりますが、月々の使用料もリース料金とメンテナンス費用、他にトナー代や用紙代などといった形になります。

リースの場合には、コピー機のメンテナンスに関しては別に用意されるサービスを利用する必要があります。その料金体制としては、カウンター料金と名がつくようにコピーした枚数に応じて増えることになります。これは使用頻度が高まるほどに不具合の発生確率が高まるという理屈からなるものですが、その費用をお得にする方法はあります。ある程度の使用頻度が見込まれるのであれば、定額制にしておくと割引金額でメンテナンスを受けることができます。

そしてコピー機を選ぶ上でも、必要に応じて機能を選ぶ形で好きな機種を選択することができます。それをリース会社が代わりに購入して月々の使用料を支払って借りるという形となるわけです。そのために固定資産税がかかることが無く、あくまでもその費用を経費として計上することができます。初期費用もほとんど掛からないので、手軽に利用することができるわけです。コピー機本体の使用料は購入する場合とほとんど変わらない額となるのがお得な特徴となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *