コピー機を使用するためのひとつの手段がリース契約です。

これはコピー機をコピー業者からリース会社を通して調達するものとなり、初期費用が不要となる利点があります。レンタルと異なり新品で好きな機種を選ぶことができるのも特徴でありメリットでもあります。また、長期に渡り使用する上では、かなり安く利用できるのもポイントとなります。ただし、リースはあくまでもコピー機の調達のための契約となることから、保守メンテナンスに関しては別途契約を結ぶ必要があります。

その料金はコピー枚数と比例する形で増えていくのが一般的となりますが、中には定額制を採用する契約もあります。毎月かなりの枚数をコピーするのであれば、こちらを検討するのがお得となります。また、長期に渡るリース契約を結ぶことになりますが、途中で解約すると大きな出費となるので注意が必要となります。また、コピー機は進化を続けてペーパーレスにも対応するものとなっています。

スキャナ機能の活用によって、データ化した書類などを使用する人達で共有することも可能となります。グループウェアとの併用によって情報共有も容易く行うことができることで業務の効率化を図ることもできるわけです。所有資産として減価償却することなく、その費用を経費として計上することができる点も会計上はメリットとなるものです。多機能となる様々な機種から必要とするものを自由に選ぶことができるのもメリットとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *