会社がコピー機を購入せず、リースするケースが多くなりました。

リースを選ぶメリットとして初期投資が必要ないということです。これにより、お金がなくても機材を導入できます。コピー機にかかるお金を他の設備投資に利用できる利点もあります。事業を立ち上げたばかりで何かとお金が必要なときには助かります。しかし、リースゆえのデメリットも存在します。まず、中途解約ができません。コピー機導入時に数年単位で契約します。解約する場合は残りの代金を一括で支払う必要があります。

契約条件によっては中途解約すると違約金を請求される場合があります。そして、リースしたものは自社のものではないので勝手に売却したり他社へ譲渡したりすることはできません。リースか購入かを決めるときに資金繰りに十分な余裕があるか、しばらくそのコピー機を使う予定があるかといった2点から検討すると失敗しにくいです。そして、必ず複数社から商品を選び、見積もりをとってもらう必要があります。

言うまでもないですが、会社や商品によって代金や契約内容が大きく異なります。見落としがちになるのは料金の中にメンテナンス費用が入っているのかという観点です。安くリスクの少ない製品は魅力的ですが、メンテナンス費用を含めると相場よりも高くなってしまうことが多いです。メンテナンスは自分たちでやることになると手間が増えてしまいます。また、メンテナンスを別の会社に頼むとかなり費用がかさむ可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *