どこの企業にもあるコピー機ですが、それを企業で購入しているところは少ないです。

使用頻度は非常に高く、また価格も高額であるために、リース契約を締結して借りている企業がほとんどです。使用頻度が非常に高いことから部品が摩耗したり、インクやトナーといった消耗品の使用頻度も高くなり、購入するとすべて企業で準備する必要があり、インク等は買い置きして在庫管理が必要になったり、また部品が摩耗して動かなくなった場合には業者を呼んで修理するのにも人件費を含めて相当な金額がかかります。

その点コピー機をリースすることで、それに付随して保守契約を締結をしている企業が多く、その保守の中には、一般的な消耗品の交換であったり、定期点検費用が含まれていたり、中には修理対応の人件費が含まれていることもあります。それを毎月比較的割安な保守料を支払うことでカバーすることができてコスト的にもリーズナブルになっています。また最近のコピー機も進化が進んでいて、リース契約で使用することで、その時代にあった機種に変更することもできます。

購入すると何年たっても動いている間は古い機能の機器を使用しなければならなかったり、廃棄するにもお金がかかったりします。その点も考慮すると、リースにすることで所有権自体は相手企業にあるために処分等は考えずに済み処分費用も掛からないことになります。そのためコピー機はリースをすることで多くのメリットを享受できるということで導入している企業が多くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *