コピー機は書類の複写を短時間で行うことが出来るOA機器で、利便性の高さから様々な業種で使用されています。

また、パソコンと連動させてオンライン上のデータをプリントアウトする機能を持つ機器も開発されているので業務の効率化を図ることが出来ます。その一方で高性能のコピー機は高額な物が多いことから、企業や団体によっては支出を抑える目的でリース品を導入することがあります。リース品のコピー機を導入する場合は利用目的を踏まえて機器を選ぶことが大切です。

業務に必要な機能を搭載している機器を選び、機器の点検や消耗品の補充などのサービスについても詳細を確認することがリース契約を結ぶ際の心得です。特にオンラインに接続する場合はデータの流出の予防が不可欠なので、セキュリティ機能が付いていることや不測の事態が生じた場合に速やかに対処できるサービスを利用できることが重要な選択肢になります。

コピー機は用途の性質上、常に電源を入れ続ける必要があるので電力消費量の増大に注意します。特に多機能な機器になる程利用頻度が高くなるので、省エネ機能が付いている機器を選んだり過度の使用を控えるなどの工夫が必要になります。また、コピー用紙やトナーも減少しやすいので、業務が滞らないようにこまめに補充することが大切です。格安のリース契約では消耗品の補充は利用者が行うケースが多いことから、事前に補充用の用紙やトナーを準備しておくことが快適にコピー機を使うための心得です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *