OA機器の一種であるコピー機は書類の複写を短時間で行うことが出来るため、業種を問わず広く普及しています。

また、近年では性能が向上したことによりパソコンと連動させてオンライン上でデータのやり取りを行うことが可能になっています。多機能化したコピー機は様々な用途に使用できる一方で販売価格が高額になっていることから、企業や団体によっては専門業者からのリース品を使用している所もあります。コピー機をリース契約で使用する場合、機器の性能が利用目的に合致していることが重要なポイントになります。

特にデータの管理やオンライン上で送受信を行う機会が多い業種では誰でも適切に操作できる扱い易い機器を選ぶことが業務の効率化に繋がります。また、オフィスで使用しているパソコンやファックスなどの機器と連動させる場合は年式が新しく、専用の機能が搭載されているコピー機を選ぶ必要があります。新型の機器は契約料金が高額になるのが一般的なので、必ず機器の性能を確認するように心がけます。

リース契約はコピー機の貸し出し以外にメンテナンスや修理などのアフターサービスの有無も確認する必要があります。機器の利用頻度が高いとコピー用紙やトナーも消耗しやすいので、業務が滞らないように定期的に補充を行うことが重要になります。また、機器に不具合が生じた際は速やかに対処できることもリース契約を結ぶ際のポイントなので、複数の契約プランを比較したうえで希望に沿ったサービス内容のものを選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *