様々な会社でコピー機が導入されています。

会社で購入している場合もあれば、リースしている場合もありますが最近ではリースの場合が多いです。

コピー機をリースする際には購入するよりもメリットがあります。一番大きなメリットは修理等も含めて月額の利用料は固定料金の場合が多いです。そのためコストが把握しやすくなります。所有しているのはリース会社になるので、固定資産税の支払いも必要ありません。減価償却の必要もなくなるので事務処理の必要もなくなります。

また購入する際には最初にかなり多額の現金が必要になりますが、リースの場合だと頭金は全く必要ないので会社の資金運転の手助けにもなります。申し込み時には審査もありますがクレジットカードの審査とは違い、かなり通りやすいのも魅力です。逆にデメリットもあります。中途解約ができない場合があり、どうしても解約する場合には残債を全て解約する必要があります。コピー機の所有権が無いので契約が満了したら引き取られます。

どうしても手元に置いておきたい場合には再契約するしかありません。代金を契約通りに支払っていると結果として購入する場合よりも高額になる場合がほとんどです。契約内容をよく確認して契約内容時に不必要な部分については契約しないと言う選択を取る事も必要です。あまり無いことですが、審査がある以上契約が拒否される事もあります。これらのメリットやデメリットを確認して契約内容する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *