コピー機の価格は時代とともに安くなっており、現在では個人でも買える複合機が多数販売されています。

しかし、ある程度の規模で業務に使用するならリースを考えたほうが得するケースも増えます。その理由のひとつとして、パーソナルユースのマシンは機能だけでなくボリュームへの対応力に欠けるからです。そこで、ビジネスユースのコピー機を購入するかリースするかの検討になります。購入の場合は固定資産として減価償却などの手間がかかることと、簡単に買い替えをすることに抵抗があります。その点、リースであれば、毎月の使用料は経費であり、新製品がでれば残リースをまとめてリプレイスが可能です。

さて、リースするコピー機を選ぶ際の重要なポイントにメンテナンスの実施とその費用の問題があります。キット方式とカウンター方式です。キット方式の場合は、感光ドラムと一部消耗品を含む一式で価格設定されます。これに対してカウンター方式は使用した枚数に応じてメンテナンス費用が計算されます。どちらの場合も、アフター契約をしないとメンテナンスどころか使用自体ができないことは同じです。

必然的に、どちらにすればランニングコストをおさえられるかをじっくり検討する必要があります。ただし、メーカーによって、あるいは機種によってどの方式になるかが決まっていることも多いので、機種選定からトータルで考える必要があります。あまり枚数を使わないようであれば、パーソナル機を買ったほうが良いとも言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *