近年、コピー機をリースする企業が増えているそうです。

それはなぜなのか、そうすることで発生するメリットを考えてみました。その大きな背景は、料金にあります。今では、中古コピー機などを気軽に安心して使用できるようになりましたが、一昔前までは中古コピー機などが販売すらされていなかったようです。

また、保守契約などの取り決めも無かったため、リスクが大きく一般的ではなかったのです。また、コピー機のリースは法人のみに限られています。しかし、料金については機種にもよりますが、数千円ですることができ、保守機能もついているので、もし不具合が発生しても毎月の料金の中で点検、修理され経費が削減されます。

また、初期費用が発生しないため毎月の支払いだけを計算すれば可能なのです。次に、コピー機の購入、レンタルとの大きな違いは最新機を置けるということです。逆にいえば、レンタルは会社指定の機器しか選択できないため自分好みのものが置けるのかといえばなかなか難しいのかもしれません。次に、購入と違いリースの場合所有権はリース会社にあるので、資産計上はされず「原価償却」や「固定資産税」が発生しないため事務処理も軽減されます。どちらかを選ぶ場合の大きな見極め方は、利用期間であり、利用期間が「3年未満」はリース「3年以上」ならレンタルを選ぶのが得策と言えます。そのことを踏まえはメリットが大きいため今後も使い続ける企業が増えることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *