コピー機本体はリース契約することで、月額料金を支払うことで使用することができます。

最近では高性能な複合機でもわずかな料金で使用することが可能になってきました。賃貸借契約するだけで高性能な新型の機械を定期的に使用することができるので、業務効率の向上やペーパーレス化も簡単に行えるようになってきました。月額の費用は経費で処理することが可能なために、機器も資産に計上することなく利用することができます。コピー機をリースで契約する際の月額料金は、あくまで機器本体のみの価格となります。

機械本体のマネージメント料金は各メーカーと締結する必要があり、別途料金が発生するので注意が必要です。カウンターはコピーやプリント枚数でカウントされるために、印字した枚数分の料金をカラー、モノクロそれぞれ支払う必要があります。最近ではカウンター料金内にトナー代が含まれているので、以前のように別にトナーを購入する必要はありません。

カウンター料金は使用する機種の、使用量によって換算されます。枚数が増えれば単価は安くなっていくので、大量に印刷する事業所では事前に使用する枚数を申告しておくと、料金を抑えることができます。コピー機をリース契約で導入する際に、月額料金とマネージメント料金を支払うことになるために、金額的な部分を考慮しておくことが大事です。業者からの事前見積もりで十分に確認し、マネージメントの料金の最低料金を可能な限り低く設定してもらうことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *