ないのであればリースをすれば良いと考えるのがコピー機になります。

クラウドやパソコンに保存できる容量も増えたことから、そこまで必要がない用に感じますが、今でもあると便利であり、特に最近では複合機としての価値も高まっていますので、事務所に物足りないと考えているのであれば導入を検討することをお勧めします。しかしそう単純な話ではないことも、コピー機のリースを検討しているときに知っておくべきです。ないから借りる考え方になりますが、リースとレンタルをまず混同しておかないようにしてください。

リースは契約期間が決まっていますが、レンタルは決まっていません。このような内容だけでも、コピー機の導入方法は変わってくるはずです。たとえば短期間で導入をしたいのであれば、圧倒的にレンタルのほうが有利に動きますし、長い期間であればリースのほうがお得です。しかもこちらの契約は審査が必要で担当者もしっかりとつくことからアフターケアもちゃんと行ってもらえます。

このように借りる契約となるだけではありません。両者の関係を混同してしまうことによって、大きな間違いをしてしまい後悔してしまうことになりますので、ちゃんと把握しておきましょう。借りる時に料金を特別視してしまう傾向にありますが、重要なことはその事務所に合致した機器を求めることになりますので、その機器の機能についてもちゃんと把握しておくことが重要です。ただ印刷するだけの機器ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *