新たにコピー機をリースする時にチェックすべきポイントがいくつかあり、本体価格とリース期間は要チェックです。

リース料金は期間が長ければ長いほど月々では安くなりますので、毎月の負担を抑えたければ期間をのばすことになります。ただし、総支払額とは別に考えなければならず、期間がのびると手数料が増えますので高くなります。最初に提示された月々の負担額が予想よりも安いと感じた時には、何年間の契約で計算されているのかを見なければなりません。5年を希望していても、負担が少ないように見せかけるために期間を長くして計算しているケースがあるからです。

コピー機本体の他にも、カウンター料金はしっかりと見ておく必要があります。カウンター料金は1枚あたりの値段があらかじめ設定されていて、カラーとモノクロとで価格が異なります。純粋に使った分だけ支払う形になっていますので、日頃の使う頻度を考えればどの程度の負担になるのかをい予測できますが、そもそも1枚あたりの価格が業者によって異なりますので、その部分を比較して決めることが大切です。

カウンター代が徴収されない場合は、トナー代がかかります。コスト的に問題が無く、ランニングコストの面でも許容範囲だという場合でも、肝心の機能が足りていなければ意味がありません。ですから、まず最初に見るべきなのはそのコピー機が必要な機能を備えているかであり、備えている商品のなあkで比較するのが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *