会社でコピー機をリースする時の流れは、既にコピー機が入っているのか初めて取り入れるのかで変わります。

既に入っている場合には、現在の機器を引き取ってもらうことまで考えなければなりません。リース期間がまだ残っている場合の処理を自分で行おうとすると大変ですので、そういった手続きまで面倒を見てくれるところがお勧めです。残りの期間が残っている場合でも、機種を変更すること自体は問題ありません。提案を受ける時には、取引が無い業者は一般的に人気の高い機種の情報を持ってくるはずです。

この段階ではまだ具体的な話にはならず、日頃のコピー機の使い方などを詳しく話して本当に合った機種をピックアップしてもらいます。次回来た時には使う頻度に合わせたものが並んでいるはずですので、それぞれの特徴について絞り込んでいくのが主な流れです。価格はそれほど変わらないという場合には、性能が高いものを選んでおいた方が安心です。

現在は使わなくても、後々にその機能を使う可能性があるからです。具体的に機種を選定したらリース契約を結ぶことになり、書類のやり取りをして事前の納入チェックが入ります。納入日が決まったら業者がコピー機を届けてくれますが、それからすぐに使うわけではありません。きちんと使えることをチェックしてもらい、パソコン側の設定が必要なケースでは設定まで行ってくれます。この流れを理解しつつ、必要な場合には早めに検討に入ることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *