コピー機を購入する企業は非常に少なくなっています。

その理由は資源の有効活用や地球環境の保護が企業の命題となっており、そのためにコピーの使用を減らすことが多くの企業で行われているためです。しかし必要最小限の書類の作成が必要となるため、最小限のコピー機を用意するために、その分をレンタルやリースで賄うところが増えているのが実態です。その中でもコピー機のリースは多くの企業が行っています。レンタルに比べ費用が安く済むことがその主な理由であり、さらにその費用が設備ではなく経費として処理することができるのが最大の理由です。

設備として購入する場合にはその費用は設備を購入する目的のものとなり、課税の対象となりますが、リースの場合には経費として処理することができ、課税の対象とならない場合があるためです。コピー機のリース費用は実際に自分で購入をするよりも割高にはなりますが、レンタルの場合には様々な経費を含むためさらに高額となる場合が少なくありません。

さらにレンタルのように高額な費用を支払っても、結果としてよりレベルの高いサポートが受けられると言うことではないため、実際には機能的に大きな違いがない点も重要なポイントです。そのためリースは多くの企業で導入されており、効率的に利用されているのが特徴です。コピー機の企業での需要は年々減り始めており、最近では固定サービスを利用する企業が増えています。書類を作成せずに電子データで会議を行う企業も増えており、その用法が大きく変化しているのが実態です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *