コピー機をリース契約で導入する場合、契約期間を選ぶことができます。

料率は契約する期間によって違いがあり、いずれも総額は本体価格よりも高く支払うことになります。一般的に契約期間は短期で3年、長期で6年となっていますが、会社によっては7年まで対応しているところもあります。通常5年から6年の契約が最も多く、機種変更の期間も同様になっています。契約期間が短いほど料率が低くなるというわけではなく、いずれの期間も支払い金額には保険料などの付加分が上乗せされます。

パソコンなどと違って、長期的に使用するコピー機はリース期間を長く支払ってもデメリットが発生するわけではありません。契約中はメーカーのメンテナンスを受けられますし、天災などで機器が故障しても、残料金の支払いは免除されて新規に契約することができます。特別な理由がない限り期間は月額の支払い金額で決めても問題ありませんし、定期的な機種変更が可能であれば、一般的な期間で契約を結ぶほうが安定した状態で機器を使用することが可能です。

事務機器の導入は最新の機種を選択するほど作業効率も上がり、最良の品質で資料の作成なども行えます。コピー機をリースする際に最も注意する点は、契約前には必ず事前審査が行われ、審査に通らないと契約することができません。経営状態がよければよい条件で契約を結ぶことができますが、最悪の場合契約を結ぶことができないこともあります。審査は会社によって違いますので、契約先は複数準備しておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *