コピー機をリースで導入する利点には様々なものがありますが、常に新しいものを使い続けられるというメリットは大きいでしょう。

借りる期間を3年・5年くらいに設定して、契約期間が満了になったら、また新しい機種を導入して契約しなおせば、ずっと最新の機種を使い続けることができるでしょう。一方、購入してしまうと、その機種をずっと使い続けなければならなくなります。たしかにずっと長く使い続けることでトータルコストは抑えられるでしょうが、古い機種をずっと使い続けていると、業務効率が低下してしまう恐れもあります。

コピー機というのは、次々と新しい機種がリリースされており、どんどん性能が向上しています。いつまでも古いものを使っていると、自分の会社だけ時代に取り残されていたなんてことにもなりかねません。とくに最近のコピー機は、ネットワーク接続に対応していたりすることが多いですが、古いやつだと対応していなかったり、最新のパソコンとの規格が合わないなどの不都合が生じてくるかもしれません。

ですから、長くても5年くらいで新しい機種に変更していけるリース契約の方が、経営的な視点からみて合理的と言えるのではないでしょうか。また、リース契約では初期費用がかからない、料金を経費扱いできる等のコスト面でのメリットもありますし、減価償却が不要であることや固定資産税を支払わなくて済むなどの事務的メリットもあります。長期で使うなら、コピー機はリースで導入するのが一番かもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *