コピー機はほとんどの事業所にあるでしょう。

導入の仕方はリース、レンタル、購入などです。コピー機はそれなりの価格です。仕事で使うものなので経費扱いすることができますが、導入の仕方によって落とし方が変わります。購入した場合は損金として落とすことができるのは減価償却分だけですが、リースであればコピー機の所有権は業者にあるゆえ、毎月の料金の全額を損金として落とすことができます。他にも色々な特徴があります。

コピー機のリースでは、専用のトナー料がかからない代わりに、1枚のコピーごとに料金が生じるといったカウンター保守という契約を結ぶことが多いです。この契約にはメンテナンスも付いています。通常、トナー代は料金に含まれません。中途解約に関しては不可です。レンタルと同じようなイメージがあり、途中で解約することが可能と思っているかもしれません。ただし、条件を満たしていれば例外的に認められます。

レンタルは中古ですが、リースの物件は新品です。業者があなたが求めている新品を買って貸してくれるといった形です。高速処理や特殊印刷の機能などが付いている新品が使える代わりに、途中で解約することができないというわけです。コピー機をリースではなく購入するという選択肢もあります。ですが、まとまったお金を用意しなければなりませんし、メンテナンスも自分で業者に依頼しなければいけません。もちろんその料金も考慮する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *