オフィスで毎日活躍しているコピー機ですが、単純なコピー機だけでの使用のみならず、データをスキャンし、自社で運用している共有フォルダーに保存する機能があったり紙データをそのまま取引先にFAXとして送信できたり、複合コピー機としての機能性が高いものも多く、機器の値段としても1百万円クラスの高値になりがちなものも多いです。

コピー機の買い替え需要も5~7年ごとに発生すると考えられ1百万円クラスのOA機器を現金で買うか、あるいは融資を受けて購入するか、中小企業にとっては頭の痛い問題であるといえそうです。リースのシステムを利用すれば高額なOA機器であっても簡易に調達導入することができ、毎月の払い込み金額については経理上は賃借料で経費計上することが可能になるので、規模が小さく資金調達力の乏しい中小企業にとってはリースのシステムはとても重宝で利用すべきシステムなのです。

リースを利用する際の留意点ですが、リース会社が提供する金融サービスの一環として提供されているものなので総支払額に金利がかかってくるということは避けられません。従って会社ごとに見積書の提出をうけ金利、すなわち毎月の払込額にどの程度差が出てくるのかを事前に検証すべきであると考えます。そのうえでいくらかでも有利な会社の商品を選択すればよいのです。また出口戦略についてもあらかじ考えておく必要があるでしょう。契約終了後は再リースという括りで支払いが生じるケースが多いので、事前確認が必須な項目であるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *