コピー機を利用する際にはリースを利用するのが非常に良い方法です。

オフィスでコピー機を用意する場合にはその他に購入する方法と、レンタルをする方法がありますが、購入する場合には多額の費用を用意しなければならないほか、万が一オフィスの転居の際にはこれを移設しなければならず、加えて日々のメンテナンスの費用も負担しなければならないと言うデメリットが生まれます。また企業の場合には設備として計上しなければならないため、減価償却費用もかかることになり様々な経理処理場の手間も大きくなってしまうのです。

レンタルの場合には基本的に費用が高額となるため、毎月の出費が大きくなってしまうという問題が発生します。リースのメリットは設備と同じように自由に利用することができる反面、費目上は設備ではないため、設備に関連する税金が発生しないと考えられている点です。これはリースを行う機器全てが適用すると言うわけでは無いのですが、比較的金額の安い設備であればリースをすることでその負担を軽減することができると言うメリットがあります。

さらに、リースのメリットはコピー機を交換する際にも大きな影響を及ぼします。一般的に機器を購入した場合には一定期間交換をすることができませんが、最近ではコピー機の機能が短期間で飛躍的に向上するため、新たな機器を導入したいと考えることも多いものです。この際にも残りの期間が残っている場合には、契約をして新たに契約をすることができるのか、場合によっては前の契約を引き継ぐこともできるので非常に便利な方法となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *