業務用のコピー機をオフィスに導入したいと考えた場合、購入するには負担が大き過ぎます。

業務用の物は100万円を超えるケースが多い為であり、これを企業が予算を組んで購入するには利益を生み出す面で考えても得策とは言えません。そこでリースを利用する事で、初期費用やランニングコストを抑えながら業務用のコピー機を導入するのがスムーズに行えるようになります。コピー機のリースを行っている会社は全国に点在していますので、利用企業は最寄りのサービス会社を利用するのが一般的でしょう。その中から実績がある会社を選ぶ事で、サービスを最大限に活用する事が出来ます。

リースの月額料金の相場はどれぐらいか気になるところですが、5千円から3万円ぐらいが相場となっています。また、法人向けの場合、複数年契約になっていますので、月額1万5千円ほどの料金で5年契約であれば、購入するよりも安くコピー機の導入を行えるでしょう。料金に差が出る要因は、コピー機がカラー・モノクロ・両面印刷などどれぐらいのモードに対応しているのか、メーカーが提供するオプションを利用するのに別途料金がかかる事、カウンター保守契約を契約する事で保守を的確に行ってもらえます。

故障してしまいますと、修理するのに時間がかかってしまいますので、別途料金が発生しますが、メンテナンスが定期的に行われる事で故障するリスクを下げ、業務に支障が出ないようにする事が出来ます。リース料金とセットでカウンター保守契約も契約しておいた方が安心して使えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *