会社でコピー機を導入するのであれば、購入だけではなく他にもさまざまな方法があります。

レンタルやリースすることも可能なのです。コピー機や複合機の販売を行っている会社などでは、積極的に法人向け契約としてレンタルやリースによるコピー機の取り扱いをすすめています。購入した場合、コピー機に対してメーカーのサポートや保守契約は基本的に含まれておらず、別契約が必要となります。

加えて、会社の資金で購入するのであれば、資産として区分されますから減価償却費の区分で計上する必要があるのです。経理上の諸手続きの一環として正しい処理を行う場合、リースやレンタルのほうが簡単で都合が良いということもあります。リース契約のメリットは、コストが抑えられる点にあります。最新機種のコピー機や複合機を使用しながらも、月額費用で見れば経費は小さくなることがほとんどです。

これは、実機の所有権が自社にはないために発生するメリットといえます。所有権はあくまで契約先の会社のものですので、自社の減価償却費または固定資産税の対象にはなりません。しかも、ランニングコストの費用が明確です。保守契約などのサービス加入費用はかかりますが、月額費用はそれだけで抑えることが出来ます。

サービスに加入していることで、トナー代金などが不要になることもありますので、消耗品を購入する手間や費用という面においても便利です。トラブルが発生したときには、速やかにサポートを受けられるという点もメリットといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *