コピー機をリースすることで経費の節減を行おうとする会社が多くなっています。

自社で購入する場合に比べ設備導入費用を削減する事が出来るほか、保守契約やメンテナンス費用を削減でき、さらには設備保有による資産に対する課税分を節約することが出来ると考えている場合も少なくありません。しかし、会社の経費の処理の問題やリースの契約の方法によっては、割高となってしまうことも有る為、注意が必要です。

検討する場合には契約内容や法律のさまざまなポイントを熟知してから選ぶことが大切です。コピー機を購入した場合には設備導入費用として購入費用が一度に必要となることや、修理保全のための保守費用、及び印刷を行うためのトナー代や用紙代などが掛かることになります。またコピー機はその価格が比較的高額で有る為設備御扱いとなり、その資産価値に対しての税金が発生する事になります。

さらに減価償却で法律で設定された基準に則り、その期間の間税金を支払わなければなりません。リースになると単にコピー機を借り受ける形となるため、設備にはならずに減価償却は発生しませんが、保守費用やトナー代、及び保守費用も発生する事が多いのです。

加えて毎月のリース料が発生するため、これらの合計を積算し比較する事が大切です。一般的にリースは設備費用や保守費用などを削減するために用いることが多いものです。しかし、契約内容によっては割高となってしまうことも多いため、十分に比較して選ぶことが必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *