オフィスで資料などを複写する際、コピー機を利用するというのは珍しくありません。

プリンターとスキャナーを使って代用するという方法もありますが、パソコンとつなげたり色々と面倒です。何より枚数が多い時などは、コピーを使った方が簡単でスピーディーです。コンビニなどに行けば数十円で利用できますが、オフィスで必要な時毎回外に出かけるわけにはいきません。そのため、オフィスにコピー機を置いているという企業は珍しくないでしょう。

といっても、プリンターやスキャナーなどに比べると大きさもあり高額という問題点があります。不要になった時などは、場所ばかり撮って邪魔になるということもあります。こうした問題を解決するためには、コピー機を購入するのではなくリースで利用することがお勧めです。リースとはレンタルのことで、数ヶ月でも数年でも希望する期間だけレンタルして使うことができます。

借りているだけなので、リースの場合は不要になったら契約を解除すれば大きなコピー機はすぐに引き取ってもらうことが可能です。レンタル料は購入に比べると非常に費用を抑えることができるので、起業したばかりのオフィスなど費用があまりない企業でも利用することが可能です。

貸し出ししているところによりますが、使っていて購入したいと感じた時はリースしているコピー機を買い取りするという選択股もあります。つまりリースは借りるだけでなく、購入前のお試しとしても利用可能なサービスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *