ファクタリングは信用調査の分業化

ファクタリングというサービスは、日本でやっと普及したばかりだと言えるでしょう。しかしながら、欧米ではかなり前からありました。20世紀初頭にはすでに確立されたサービスとしてアメリカでは多くの企業が利用していたのです。ファクタリングは分業化の一種だとも考えられます。

大企業であれば、取引先の企業の信用力がどれくらいあるのかを調査する能力はあるでしょう。信用調査部門を持っている企業も多くあるのです。しかしながら、中小の企業や零細企業にとって、信用調査部門を持つことは難しいと言わざるを得ません。資金面でも人材面でも難しいと考える経営者は多いのではないでしょうか。

取引先が果たしたことによって回収できなくなってしまうと、それが経営に大ダメージを与えてしまうこともあるのです。連鎖倒産と言うことにもなりかねないのですから、これは経営上のリスクとして常に意識しておかなければなりません。ファクタリングを利用すれば、金融業者側が回収不能になるリスクを負担してくれます。もしも取引先が支払い不能になった場合には、金融業者がその損失を受けるだけで、利用している企業としてはその影響を受けないというメリットがあるのです。

本来、信用調査はそれぞれの企業が行わなければならないのですが、それを金融業者が担っているサービスだとも言えるでしょう。つまり、分業によって信用調査という業務を金融業者が専門的に行うというサービスです。ファクタリング会社のランキングのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*