FXではスプレッドを確認する

FXで重要な用語にスプレッドがあります。スプレッドという英語を和訳すれば、「広さ」になります。これはFX会社が提供する売値と買値の広さのことです。FX会社も利益を出すことで運営できていますが、その利益がスプレッドになります。

買い取引の為替レートと売り取引の為替レートに違いを作ることで、取引手数料が発生し会社の経営に回されます。スプレッドは会社で統一されていません。会社ごとでスプレッドの差は少ししかありませんが、取引を何回も行うと取引をするためにかかる費用が何倍も違いが出るので、スプレッドが低い会社を選ばなければなりません。またスプレッドを確認する時は、金額の大きさだけでなく原則固定になっているかが重要です。

例えば、スプレッドが0.3銭であれば、その会社を利用すれば取引にかかるコストを節約できます。しかし、原則固定を採用していない場合、0.3銭は最小のスプレッドであり、取引する時は0.5銭や1銭など設定が広がっている可能性があります。原則固定スプレッドは、基本的に為替相場が動きやすい時間帯に採用されています。よって普段は低いスプレッドでも、流動性の低い月曜日の朝に取引を行うと、いつもより多くの手数料を引かれることがあります。

スプレッドに関しては、投資家たちの利益にはならないので、将来的に0銭になることが期待されています。実現は簡単ではありませんが、ニーズの高まりによって努力している会社も増えています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*