取っておいて損はない小型船舶免許

小型船舶の免許は、意外と使うことが出来ます。たとえ船舶を購入することが出来ないとしても、レンタルを使えばかなり快適です。今は何でも借りられる時代と言っても過言ではありませんし、それを利用すれば便利です。小型船舶の操縦に関しては、1級~2級の小型船舶免許というものがあります。

これは1級の場合は4日間、2級の場合は2日間の教習ののち試験を受けることになります。もし国から認定をされている教習所ですと、技能と学科試験を免除されるということもありますので、その方が良いということであれば認定されている教習所を選んでいくことが大事なポイントです。試験に落ちてしまうということはかなり厳しいですが、免除となればかなり楽ですし、教習を頑張ればよいということになるのでお勧めです。一般的には2級からスタートする方が多いです。

1級と2級の違いは、どこまで行けるかという海里の違いです。そのためより遠くに行きたいという場合は1級を取得しなければなりません。2級から始めた方が合格率は高いですし、技能的な所も求められるところが違ってきますので、いきなり1級というのは難しいと教習所で言われるかもしれないです。しかし現に1級から挑戦して合格している方もいますので、出来ないわけではありません。

物理的にも出来ないということはありませんので、技能面で自信がある方は、1級小型船舶免許に挑戦するのもありです。水上バイクは特殊小型船舶免許です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*