小型船舶免許が人気となっています

小型船舶免許は総トン数20トン未満の船舶を操縦するために必要になりますが、取得難易度はそれほど高くありません。特に免許スクールを利用すれば効率的に取得できるため、多くの人びとに人気となっています。総トン数20トン未満の船舶でも個人で購入し維持するのが大変なので、あまり一般的には馴染みがないかもしれません。しかし小型船舶は自分で購入しなくてもレンタルすることが可能なため、経済的な成功者でなくても免許さえ取得すれば楽しむことができます。

小型船舶免許は国家試験に合格するか登録小型船舶教習所で取得する方法があります。国家試験は独学でも受験できるものの実技の練習ができないため合格は困難です。多くの人びとは免許スクールを利用して実力を養った上で国家試験を受験しています。コストをなるべく抑えて国家試験に合格したいのであれば、学科のみ独学で受験するとよいでしょう。

多くのスクールでは実技講習だけのコースも用意されており、コストを抑えることが可能です。登録小型船舶教習所で一定のカリキュラムを経て修了試験に合格した場合、国家試験が免除されます。効率的に小型船舶免許を取得したい場合にはこの施設を利用するのがおすすめです。ただしこの施設はあまり数が多くないので、自分のスケジュールに合わせて気軽に免許を取得したい場合にはスクールを利用するとよいでしょう。

いずれの方法を選んだ場合にも比較的短期間で小型船舶免許を取得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*