小型船舶免許を取得する方法とは

小型船舶免許は総トン数が20トン未満の船舶を操縦するために必要な免許で一級と二級、特殊の3区分があります。基本的な取得方法はいずれも同じで、国家試験に合格するか登録小型船舶教習所の修了試験に合格しなければなりません。国家試験の受験資格は一級が満17歳9か月でそれ以外が満15歳9か月となっており、交付時期は一級が満18歳でそれ以外は満16歳です。条件を満たせば未成年者でも国家試験を受験でき、一定の年齢に達すれば小型船舶免許が交付されます。

若い世代の人たちには、ジェットスキーを操縦するために必要となる特殊区分が人気となっています。小型船舶免許の国家試験は独学でも受験できますが、スクールで学科・実技講習を受けるのが一般的です。実技講習のみを受けて学科は独学で受験すれば費用を安く抑えることができます。登録小型船舶教習所の修了試験に合格すると国家試験が免除されるので効率的です。

ただしこの施設はあまり数が多くないため、利用しやすいスクールを選ぶケースが多く見られます。いずれの施設を選んでも最終的に合格するまでの期間には大きな違いがありません。例えば一級は総トン数20トン未満の船舶を海岸から5海里を超える外洋で操縦するために必要な免許です。スクールを選んだ場合は学科が1日から半日、実技は半日から2日が講習時間の目安とされています。

登録小型船舶教習所では学科24時間以上、実技は12時間以上が教習時間の目安です。いずれの区分の免許もスクールや登録小型船舶教習所を使えば比較的短期間で取得できます。小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*