小型船舶免許を取得するメリットとは

小型船舶免許を取得すれば総トン数20トン未満の船舶を自由に操縦できるようになります。ただし小型船舶免許には一級と二級、特殊の3区分があり二級には普通免許と湖川小出力限定免許があるので注意が必要です。海岸から5海里を超える外洋で自由に小型船舶を操縦したい場合には、一級を取得しなければなりません。二級の普通免許は5海里以内で操縦する場合に必要となります。

湖川で総トン数5トン未満、エンジンの出力が15キロワット未満の船舶を操縦するために必要なのが湖川小出力限定免許です。水上オートバイは水上バイクやジェットスキーなどと呼ばれており、海岸や湖岸から2海里以内で操縦するには特殊免許が必要になります。マリンスポーツとして水上オートバイは人気があり、20代や30代の若者を中心に多くの人びとがこのタイプの免許を取得しています。他のタイプと比べて取得しやすい点も特殊免許が人気となっている理由です。

小型船舶免許を取得するには国家試験に合格するか、登録小型船舶教習所の修了試験に合格しなければなりません。いずれも難易度は同じくらいで、それほど時間をかけずに取得することが可能です。国家試験は独学でも受験できますが、多くの人々が免許スクールを利用しています。例えば登録小型船舶教習所で一級を取得するために必要な教習時間は、学科が24時間以上で実技は12時間以上です。

免許スクールを利用する場合の講習時間は、学科が1日から半日で実技は半日から2日とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*