小型船舶免許を得る方法について

海好きであれば一度は乗って運転をしてみたい小型船舶免許。この免許を得るには都道府県が行う試験に合格する必要があります。年1回あり、ペーパー試験と実技になっています。ペーパー試験は過去問をよく理解しておけば十分解けるような内容になっていますから努力してください。

実技に関して法規などをよく理解したうえであります。ですから基本的には自動車免許を得る方法と同じようなものと思ってくださるといいでしょう。以上の内容に合格したら証明書が発行されますから、その証明書と手数料を納めると、免許書が発行されます。おおまかに以上のような流れになっており、試験は18歳以上になっています。

多くの方は小型船舶免許を得てから大型を取ることが多く、いきなり大型からとる人は少ないです。大学の水産関係は大型が多いですが、一般の方は小型船舶免許からになっています。海の上を航海するには船を購入します。中古や新品どちらかになりますが、人によっていろいろですから経済的な面も考慮しながら選んでいかれます。

海の上を優雅に運転することはロマであり。人生最大に幸せな時間であるかもしれません。海の事故がゼロではないですから、地上と同じように交通ルールをしっかり守りましょう。また自然災害による海でも事故が多発する場合がありますので、そのへんを留意していきながら運転していくことも大事になります。

まずは日々のストレス解消にたのしんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*