女性も注目!船舶免許の魅力

船舶免許というと、多くの方が漁師しか持っていないものと思われることでしょう。小型から中型、さらには大型船を操縦するために必須のライセンスとなっており、海上保安庁が管理をされているものです。日本は漁業が盛んな国であるため、2021年の時点で約2000万人もの方が漁業に従事をされています。そのすべての人が所有をしている免許で、比較的どなたでも手に入れられるものです。

昨今では漁業関係者だけでなく、一般の方も船舶免許を手に入れられるようになっています。特に若い女性に多い傾向で、都心部などでも船舶免許スクールが相次いで開校をしているほどです。そこでここでは、なぜ女性の間で人気となっているのかを見ていくことにしましょう。これは2010年頃からマリンレジャーブームが起こっており、それを満喫するために船舶免許を手に入れられているといえます。

例えば水上バイクやスキーでは、必ずボートを操作しないといけません。そしてフィッシングも人気を博しており、堤防などではなくご自身でボートを操って沖合で大物を釣りたいという方が取られるわけです。一言に船舶免許といっても、日本では計3種類で構成をされていて、それぞれで取得時の年齢制限を用意されています。小型であれば16歳以上、中型が21歳・そして大型は25歳からです。

船舶を操縦する際は必須であり、海上保安庁の認可が下りている専門スクールに通わないと手に入れることはできません。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*