フィッシャーマンに必須の船舶免許

日本は島国となっており、古くから漁業が盛んな地域性となっています。古くは江戸時代に遡り、北前船という大きな帆船を使用して遠洋漁業を実施していました。そのときにニシンやクジラなどを水揚げして、遠く離れた内陸部の江戸や京都に運ばれていたわけです。現在でも漁業に従事をする方は非常に多く、農林水産省が調査をしたところ、2021年時点で約2000万人の方が業務に就かれています。

このお仕事の魅力は、定年がないという点です。一度最寄りの漁港組合に登録をしたら、生涯にわたってお仕事を続けることができます。そして出荷をしない魚や貝などは自分で引き取ることもでき、家族で食べたりネット通販で販売をすることも可能です。トンガやハワイという同じ島国でも、フィッシャーマンはとても多く存在をします。

そこでここでは、世界のフィッシャーマンが必ず持っているあるライセンスについてご紹介をしましょう。それは船舶免許であり、国内であれば18歳以上から入手をすることが可能です。船舶免許は大きく分けて3パターンで構成をされており、もっとも小さな船舶を操縦するときは小型船舶免許を手にしないといけません。小型船舶免許は200ccの小型エンジンを搭載していて、おもに湾内で漁をするときに活用をされているものです。

近海や外海に向かうときは中型の船舶が必要で、この船舶免許の場合は学科だけでなく実技講習を受けて技能試験に合格をしないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*