ゲストハウス経営をするなら船舶免許も手に入れる

日本は今、空前の観光ブームが巻き起こっています。北は北海道から南は沖縄県まで、全国各地でたくさんの人々が訪れており、休日だけでなく平日でも観光を満喫なさる方が多い傾向となりました。新しいライフスタイルが確立をされたことで、いまでは自由に好きな時に休めるのが観光を後押ししたといえます。そしてこれらのスポットとなる地域で暮らされている方のなかには、需要を見込んでゲストハウス経営に乗り出される方も増加をしているわけです。

これからゲストハウスをオープンさせようという方に向けたアドバイスを、ここでひとつご紹介をしましょう。それは沖縄や石垣島といった海がある地域に向けたものです。この一帯を訪れる方の多くが、マリンスポーツを満喫することを目的とされています。バナナボートや水上スキーとなり、別途違う施設を利用されるものです。

そこでその利用客に対応するサービスも用意するのがおすすめです。先述をしたものはすべて、船舶を活用することになるものばかりになっています。つまり、オーナーは船舶免許を所有をすることで、マリンレジャーサービスも実施をすることが可能となるわけです。船舶免許は計3種類で構成をされており、小型と中型船舶免許であれば、120時間の学科と実技講習を受けるだけでライセンスを交付されます。

1度入手をしたら買い替える必要もなく、永久的に保有し続けられるとても便利なものです。取っておいて損はしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*