1級と2級どちらの船舶免許がおすすめ?

船舶免許の取得を考えている人の中には、1級か2級で迷っている人も多いでしょう。イメージ的には、1級は大型船を操縦して世界を航行できるイメージがあり、2級は小さい船で浜から離れていない場所でセイリングするイメージがあります。しかし、1級と2級では操縦できる船の大きさは同じで、航行可能区域が異なるにとどまります。1級では無制限に航行できますが、2級は浜から5海里までしか航行することができません。

5海里と聞いても距離が分かりにくいのでメートル法に直すと、およそ9.26キロです。9キロならそれほど遠くまで行けないような気になるかもしれませんが、海上での9キロはかなりの距離があります。水平線の向こうまで到達することも可能な距離です。外洋を航海することを目的としていないのであれば、2級船舶免許で何ら問題はありません。

船舶免許を取得する際には、どんな目的で取得するかを考えると1級か2級かの答えが出るはずです。注意しなければいけないのは、1級・2級の免許ではジェットスキーを操縦できないことです。ジェットスキーよりも上級資格であるため、ジェットスキーも操縦できるようなイメージがありますが、特殊免許を別に取得しなければなりません。知らずに操縦していると、無免許運転で処罰されることもあります。

1級よりも2級のほうが合格率も高く、講習時間も少なくなります。自分に合ったタイプの資格を取得すると良いでしょう。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*