船舶免許の勉強時間はどうか

船舶免許の勉強時間に関しては、短い人と長い人がいます。これは頭の良し悪しと言うよりも、やり方の違いと言うかもしれません。もちろんこのやり方を探求する人は頭が良い人であり、それ以外の人はそれほど頭が良くないと言えば確かにその違いはあるかもしれません。しかし、一般的に理解されている頭が良いと言うのは、簡単に答えを出せる人と言う意味であるとすれば、それはあまり合否に影響を与えないでしょう。

東京大学の入学試験位のレベルであれば、頭の良い人とそうでない人が結果に違いが出るかもしれませんが、船舶免許や自動車の運転免許等のように合格率が9割を超えるような試験は、あまり頭の良し悪しは関係ないと考えて良いです。なぜなら、ほとんどの人が合格できますので、そこで結果の違いが出るとは考えにくいわけです。頭の良い人の勉強方法は、集中して行える時間を作る事を念頭に置いています。やり方そのものよりも、まず時間に対する意識が全然違うと言えるでしょう。

例えば、その人が1番集中しやすい時間をピックアップし、その時間に集中して勉強します。それ以外には一切やらないことにして、時間制限を設けることにより人は追い込まれることになるわけです。そして、短時間で勉強をし、他の人よりも時間をかけずに頭の中で記憶していきます。この考え方は、仕事をする場合にも使えますので、ぜひ覚えておきましょう。

自分が集中できる時間に、重要な仕事を行えば素子はかなり時間を合わせることができます。船舶免許の勉強と言うのは、日常の生活とそれほど変わりがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*