船舶免許をレジャーに使う

海のレジャーや湖での水上遊びなどは楽しい物であり、夏場などに水辺で遊ぶことでリフレッシュを行えます。陸上よりも涼しい風が吹いておりますし、釣りなどをする人は陸上とは違った雰囲気で魚釣りを楽しむことが大きな魅力です。近年は情報が豊富になり小型船舶免許を取得する人も増えてきました。イメージよりも時間も費用も少なくて済むのだと、新規のユーザーを増やしている趣味と免許の組み合わせになります。

また単独で小さなダムや湖などで使う場合を限定して、ボート長さ3メートル未満で出力2馬力以下の船外機を組み合わせたボートならば、免許を持っていなくても運転することが可能です。陸からの道は険しい護岸でも、小型のボートならばアクセスもしやすくなっております。安全のために装備を整えて、フローティングベストなどの救命具は絶対に身に付けなければなりません。入り組んだ地形では、水面は静かでも流れが強く複雑な場合もありますので、転覆してしまうと一大事になってしまうのです。

ドライバッグなど防水力が強く、浮く素材のバッグなどに携帯品を入れて、自分はフローティングベストを身に付けます。船舶免許が必要なのは3メートル以上や2馬力以上の動力を使う場合で、それぞれの区分にあった船舶免許を所有していなければなりません。水上オートバイは特殊小型船舶用の免許であり、出力20馬力未満の小型ボートは湖川小出力限定免許が必要ですし、二級や一級などの上位互換の船舶免許もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*