船舶免許を持つとレジャーに便利です

羽海野普通免許と呼ばれている小型二級船舶免許を筆頭にして、区分や船体の大きさやエンジンの大きさに応じて、所有しなければいけない免許があります。自動車と同じでクラス別になっており、普通免許を持っていれば原付の運転が出来るけれど自動二輪は別の免許などのように、それぞれ管轄しているクラスが異なるのです。管轄しているのは国土交通省であります。船舶免許を持っているとレジャーの幅が広がり、特に富裕層に人気なのは一級小型船舶操縦士免許です。

クルージングやレジャーの幅が広がる外洋セイリングが行えて、海里の制限がなくなるので沖まで操船することが出来るのが特徴です。実質的には船の種類により80海里や100海里などの制限がありますが、釣りなどのフィッシングやクルージングでは十分に広い範囲で操船が可能と言っても過言ではありません。前述したように下位互換で運転出来る船はあるものの、車とバイクの免許の関係のように、水上オートバイは別の区分の免許のために運転すると無免許扱いになりますので注意が必要です。船舶免許を持っていると海域での移動が便利になります。

陸上からのアクセスが難しい離岸でも、水上を移動することで簡単にアクセスが可能な場合も少なくありません。船舶免許を取得するには時間も費用も掛かりますし、自分でそれなりの大きさのボートを所有するとメンテナンスなどを含めて大きな出費になります。3メートル以下で2馬力以下の動力ならば、免許がなくても運転して良いボートもあるので趣味の入り口に検討してみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*