船舶免許の種類について

船に関する資格はマリンアクティビティを好む人たちからの人気が高く、常に多くの人たちが免許取得に向けて行動しているとされています。船舶免許を保有しているとそれだけで活動の幅が広がるので、時間とお金に余裕がある人は積極的にチャレンジしてみるのが良いかもしれません。その際に注意するべきこととして、複数の種類があるため自分の目的やニーズに合った資格を取得しなければならないということです。事前にどのようなものがあるかよく確認して、計画的に合格に向けて取り組むように心がけましょう。

最も有名なのが1級小型船舶免許で、この免許を保有していると基本的には世界中で航海できるようになります。遠洋での釣りを楽しみたい人などは、早めに取得しておくのが良いかもしれません。いきなりハードルが高いと感じるのであれば、まずは2級小型船舶免許から始めてみるのもおすすめです。海岸から約9キロメートルまでが航海可能になるので、海を楽しむうえでは十分な距離だと言えるでしょう。

慣れてきたら1級合格に向けて講習を受けてみると、よりステップアップにつながります。水上オートバイやジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しみたいのであれば、水上バイク免許の取得が欠かせません。海岸からの航海可能距離は約3.7キロメートルと定められていますが、水上オートバイをするには問題ありません。行えるアクティビティの幅が広がるので、ワクワクすることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*