船舶免許を取得して海釣りする際の注意点

釣りの楽しみ方として釣り堀や川釣りの他に、堤防や岸壁だけでなく海釣りを楽しむという人はとても多いです。川とは違う魚が釣れるだけでなう、船の上だからこその特別な雰囲気や乗り合いした人達との交流なども楽しむ事が出います。実際に海釣りではチャーターや乗り合いが多いですが、船舶免許を取得することで自分で操縦する事が可能です。船舶免許を利用して操縦することで、より自由に海釣りを楽しむ事が出来ます。

ただし船舶免許を取得して自ら操縦することで、良い点だけでなく注意点もあるので把握しておく事が大切です。まず船は購入するだけでなくレンタルの場合もありますが、壊れてしまった場合は実費により修理が必要となります。操縦自体は自分が行う必要があり、海の状況によっては操縦席から離れる事ができず釣りをする回数がへってしまう場合も想定しておく事が重要です。自分の船を停泊している港があるので、出向する場所は季節や旬な度に関わらずいつも同じになってしまうという点もポイントとなります。

乗り合いではなくなるので、他の人との交流がなくなります。竿やルアーなどの流行りや使い心地など、同じ釣り仲間として情報を交換する事は多いです。乗り合いではなくなることで、最新の情報がわからなくなったりと交流自体が減るという点も注意すべきポイントといえます。船の燃料も必要のため、自ら燃料を購入しにいくためのための手間がかかるなど理解しておくべき注意点は把握しておく事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*