船舶免許の試験を受ける前に知っておきたいこと

船舶免許の取得には、学科試験と実技試験を受けることになります。またこの2つに先立って、身体検査も行われます。身体検査は視力と色覚、そして聴力が検査対象となっています。やはり海上で船舶を操縦する以上、一定レベルの視力や聴力は必要だからです。

もちろん船舶免許と言っても、何種類かに分かれています。ですから試験を受ける前に、どの免許を取りたいかを決めて、それに応じた受験準備をすることになります。まずボートを操縦するための免許として、1級と2級の船舶免許があります。この2つの免許の違いですが、1級は、海岸から5海里以上の外洋と呼ばれる海域を航行できますが、2級は5海里以内の沿岸のみの航行となる点です。

それから特殊小型船舶免許と呼ばれる、水上バイクの操縦用の免許があります。水上バイクは普通のボート用の免許では乗れないので、かならずこの免許を取得するようにしましょう。航行可能な海域は2海里までとなっています。またこの免許を持っていると、ウェイクボードで遊ぶこともできます。

どの免許を取るかを決めたら、免許スクールでその免許の取得に応じた講習を受けます。国土交通省に登録された、登録小型船舶教習所でも受講はできます。この場合は受講後修了試験を受け、合格すれば国家試験が免除となります。学科試験は独学で受験勉強する人もいますが、実技試験は自分で準備するのはちょっと厳しいので、スクールの講習を受けるようにするのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*