小型船舶免許とは何の免許を受けた者のことを指す

小型船舶免許の試験を受ける場合、試験の対策が必要になりますがそこまで壮大な対策をしておりません。教習所などに通う場合も、すぐその日のうちに試験を行うため、少し余裕がないのではないかと感じる人もいるかもしれないです。確かに余裕は無いですが、教習所としては二日間で免許証取得できると言うことを気にしている以上は、無理矢理会であってもその場で試験を受けるような仕組みにするしかありません。そうすると、すべての授業が終わった瞬間に、少し休み時間を入れてそこから試験に入ります。

この試験はいわゆる本試験と呼ばれるものになりますので、合格するまで行うことになるでしょう。この場合、果たしてどれぐらいの難易度の問題が出るか問題になりますが、8割位は簡単な問題あります。合格点は75以上と言われており、船舶免許の簡単な問題さえできれば問題ないといえます。しかしあまりにも簡単すぎて、逆に自分の選んだ答えが間違っているのではないかと心配してしまう人もいるかもしれないです。

例えるならば、マークシートの問題で3つとも同じ番号が続いた場合、本当にこれは正しいのだろうかと自信がなくなってしまうケースもあるでしょう。中途半端な知識だとそうなりますが、すぐに3問連続あるいは4問連続同じ数字が続いたとしても、その事は充分あり得るわけです。船舶免許を取得する場合において簡単そうな問題と言うのは例えば小型船舶操縦士とは何の免許を受けたものを言うかと言う問題があった場合、答えは操縦免許になります。てつが操縦免許を選ぼうとした人でも、確かに答えは簡単だけど本当にこんな簡単な問題で良いのかそしてこれはひっかけ問題なのではないかと裏を書いて別の答えを出し結果的に不正解になるケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*