船舶免許で義務を理解しておく

自動車の運転免許を取得する場合でも、問題としてもし引いてしまった場合の対処方法などを試される問題があります。4ときにはすぐに救急車を呼ぶあるいは助けると言う流れになりますが、船舶免許の場合どのような流れになっているでしょうか。例えば小型船舶免許取得する場合、その内容を知っておくことで合格できるかどうかが決まるかもしれません。小型船舶免許に関しても、自動車の運転免許証取得と同じように、4択の問題が出題されます。

しかも、自動車の運転免許証と比べると、比較的直の問題が多く、そこまでひねった問題がないためいわゆるひっかけと呼ばれるものが少ない傾向にあります。では実際にどのような問題が、出題されるかを見ていきましょう。問題の中には、小型船舶の船長が他の船とぶつかった場合などはどのような処置を取らなければいけないかと言う問題が上手です。この中で4択になるわけですが、選択肢の中に最年長の同乗者の指示に従わないといけないと言うものや、すぐに中をスタートしなければいけないと言うものそして、通信手段を確認しないといけないと言うものなどがあります。

冷静に考えれば1番最後のやつは、少し悠長な感じがするため世界にはなり得ないでしょう。この問題は、多分間違える人もそれなりにいるかもしれませんが、最年長の同乗者の指示に従わないといけないと言うのが正解になります。おそらく自分が最年長や1人しか乗船していない場合は、特に指示に従う必要がないため次の動作に移ることになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*